便秘薬の前に

便秘薬の利用については、安易に薦められるものではありません。
それは、便秘にも種類があるように便秘薬にもそれぞれ種類があり、特定の便秘に対して効果が出るといったことがあるからです。

ベストな便秘薬というのは、医師の診断の元に処方されるもので、市販のものについては良いものであっても、現在の自分の便秘にマッチするかどうかの判断については、薬局の薬剤師でも困難とされています。

便秘薬は、腸に存在しているものを柔らかくする働き、ぜん動運動を促進するものなどがあります。
そして、効果も穏やかなものと効き目が激しいものがあり、その方に合う便秘薬を探すことから始まります。
そのため様々な薬品を使用しているものもあり、体調によっては、それを使ってはいけないもの、くすりの飲み合わせが悪いものなど、いろいろな功罪があります。

便秘薬を飲もう、便秘を改善しようという時には、そんなことを考慮し、店頭で知っているものを手にするのではなく、必ず医師に相談されることをオススメします。
安易に知っている便秘薬を手にしてしまって、内臓に大きな負担をかけてしまうこともゼロではありません。

朝にはスッキリと言った宣伝文句の多い便秘薬で魅力的なものはたくさんありますが、あくまでも薬であり、内臓負担は絶対にあります。
一時的に使用するのであれば、効果が穏やかなものを数回使用は安心ですが、慢性的な便秘でお悩みの方は、便秘薬の前に医師に相談をしてみることをおすすめします。
健康的な便秘ではなく、病気が起因している場合には飲む薬は別物になります。


[外部リンク]
サイト管理人が実際に体験した便秘解消法を紹介しているサイトです → 便秘解消法

Copyright © 2014 便秘薬について All Rights Reserved.